読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

innocent White,vicious Black

加藤シゲアキさんについてとりとめもなく語る

自担を好きという事

私の事をよく知っている人からは、加藤シゲアキ君のどこが好きなの、と不思議そうに聞かれる事が多くて。「NEWSの中だと一番ナイって言うと思ってた」とも。いわれてみれば、確かにそうで、自分でも不思議なので文章に書きだしてみたいと思います。

------------------------

加藤シゲアキという名前を認識したのは、著書を手に取ったから。
話題の本を読みたいなぁ、と漠然とした理由で本を探していて、ふと「ジャニーズ初の小説家」がいるということを思い出して、読んでみたのがきっかけ。ちょうど24時間テレビ関係でちょいちょいメディアに露出していた事もあって、加藤シゲアキ=NEWSの黒髪の人、とわかった。前述のとおり、NEWSはシゲ以外の3人は認識していて、そのよくわからなかった4人目が加藤シゲアキ、だと理解する。今まで全く認識していなかったけど、綺麗な、整った顔の人だな、と漠然と思った。

ちなみに、私の好みのタイプは「背が高くてシュッとした顔の人」なのである。NEWSの中で言ったら、間違いなく小山君がどストライク。そう、二重瞼のぱっちりした目を持つ顔の人を好きになることはあまりなくて、自分でも少し驚いた。ただ、よく考えてみると、好みのタイプとは別次元の所で「男っぽさ」に魅かれる面もあって、その低い声や、ゲラゲラ笑ってる時とかに垣間見える男っぽさの所は、好みと共通するのかもしれない、と思う。本を読んで興味を持ち、なんとなく気になる存在だったのが、気が付けば好きだな、と思っていた。

好きな人ができた時、「好きな人の好きなもの」を好きになる、という現象はよくある事だと思う。若いころに好きだったバンドのメンバーの好きなものを、必死で追いかけ回したのも懐かしく思う。あれから15年くらいたって、表面上だけはいい年をしたオトナ、になった私が加藤シゲアキという人間にはまった時、その気持ちが全く起こらなかったのも興味深い。例えば、昔の私ならSORASIGE BOOKで紹介された映画を見て、そこに彼との共感性を見出すことに躍起になっていたかもしれない。今は、そんな映画もあるんだねぇ、と、彼の好きなものを話す時の饒舌で早口のトークを聞くのが、ただただ心地良いと思う。それは、私がオトナになったという事かもしれないし、悲しいかな、現実と折り合いをつけたという事なのかもしれない。正直に言ってしまうと、彼の好みと私の好みはあまりかぶる所がなさそうで、ここまで趣味に共感できなさそうな人に興味を持つという意味でも驚いている。

LikeだけでもLoveだけでもなく、Interestingの要素を多分に含む好き、それが私の今の彼に対する気持ちだ。メディアから垣間見える彼を構成する要素を美味しくつまみながら、現実をそれなりに生きる自分が決して嫌いではないという事を、自分が嫌いで仕方なかった15年前の私に伝えたいと思う。

 

……と真面目に書いてみたんですけどね、実際のところは萌えぇぇ!な気持ちで好きなところもあるので、好きポイントはそっちの目線で書いてみたいと思います。はい、加藤シゲアキの好きなところ!

直球すぎるでしょ、コレ(笑)
くっきり二重のぱっちりアイに、口を開けずに笑うとキュッとあがる口角。ちょっとだけ生意気そうな雰囲気を残す、キリッとした眉。思い切り笑えば、目がなくなるほど顔をくしゃくしゃにする所。とにかく顔が綺麗ってのは異論がないと思うんですよ。何せメンバーから美人とか言われちゃうレベル。小山さんの褒めっぷりは、私たちと同じ目線でちょっと彼のことが不安になります。。。

なんとなく地味

ディスってない、ディスってないですから石投げないで!
あんなに綺麗な顔なのに、いまいち地味というか目立たないというか…まぁ手越君はじめとしてあのメンバーの中にいたらねぇ?と無理やり納得させる今日この頃。日テレやTBSは、彼の美貌に気付き始めた模様なので、うかうかしてられませんyo!

意外とワイルド

……食方面で?(コラ)
変ラボではゲテモノ食いの名をほしいままにした彼ですが、それ以外にも結構ワイルドな一面が垣間見れます。ライブとか結構男っぽくて、それもまた魅力的。本人曰くの「しゃがれ」な低い声も好き。
ちなみに、キムラさんは「シゲの中の悪」が出てる時のシゲが、実は結構好きだったりします。

そのくせ妙に可愛い

自分のこと自分でシゲって言っちゃうし(あざとい)、満面の笑みでダブルピースとかしてくるし(あざとい/2回目)。テレビの前で思わずのたうち回るほどに可愛い。そして、小山君とラジオとかでしゃべってる時のキャピキャピ女子高校生感。なんなのあの2人……!!(これはどっちかというと小山さんのせいな気もするけど)

インテリポンコツ

小説家としての活躍はもちろんのこと、コメントもウィットが効いていたりとインテリの名を欲しいままにしているというのに、運動神経がアレというポンコツさがたまりません。ジャニーズなのに、という二重の意味でも。
そして、好きなものを語るときのあの早口っぷり。オタクが妙に早口なのと一緒ですよね……で、そうやって喋ってると時々噛む所。有名な「つみがしゅり(趣味が釣り)」とか。ギャップ萌えする人には非常に美味しい人です。ごちそうさまでした。