読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

innocent White,vicious Black

加藤シゲアキさんについてとりとめもなく語る

妄想ネタ:NEWSが会社員だったら

求職中という微妙な状況ですが、一応社会人として1回くらいはこんな妄想するのもいいかな、と。所属部署と自分が関わるとしたら、の願望で。

小山君→広報部

キャスターだし、伝えるというイメージで。
やり手の広報になりそうだよね。対外的な対応しなければいけないときにも、きっちりアピールすることはしつつも、隠したいことは巧みにかわして煙に巻きそう。

そんな小山君とは同期な感じがいいな。珍しく落ち込んでる彼を励まそうと飲みに誘ったら、とんでもない泣き上戸だった!翌朝出勤したら、ちょっと照れた感じで「昨日の事は内緒にしておいて」って耳打ちされたい。

手越君→営業部

スーパースター手越君には花形部署、ということで営業部!
営業成績いいんだろうなぁ。よくよく聞くと、言っている事適当だったりするんだけど、人柄とトーク力とで抜群の成績出しそう。

それで、営業成績はピカイチなんだけど事務仕事は不得意、みたいなのが定番だよね!月末にはグッチャグッチャになった領収書の束を抱えて途方に暮れる彼を、お姉さん的な感じで手伝って、満面の笑みで感謝されたい。来月はちゃんとしなよ、って言うんだけど、あっさり「来月もよろしくッス、先輩♪」みたいな。

マッスー→開発部

プログラムの方じゃなくて、研究っぽい方で。
職人気質な増田先輩、仕事中は何時間も真剣な顔で考え込んでいる事が多くて、ちょっと気難しいのかな?って思ってたら、ひらめいた時の満面の笑顔が魅力的な事に気づいちゃった。
資材を抱えて運んだり、大量の書類を運んだり、意外と力仕事が多い部署で、うんうん言いながら荷物を運ぼうとしている所に、「馬鹿、そんなんに手こずってたら仕事になんないぞ」ってあきれたように言いながらも、さりげなく荷物を持って行ってしまうオッスー的な頼れる先輩だといいな。

シゲ→法務部

法学部卒だから、という単純な理由なんですが。
コンプライアンスだの何だとうるさい昨今、法務部の仕事も増えがち。契約書やら何やらの書類を見比べながら、涼しい顔でパソコンに向かっている横顔が、すごく綺麗な事に気づいてしまった。みんなは営業部の手越さんがいいとか言うんだけど、わかってないなぁ、って心の中で思いながら、うっとり横顔を見つめていたら、本人と目が合ってしまった…!慌てて目をそらしたら、ツカツカとデスクに寄ってきて、ちょっとだけあきれた顔で「何か用ですか、それともこの書類の間違いに、今気づいたんですか?」とか言われたい。仕事には容赦ない加藤先輩だけど、時々ほめてくれる時の笑顔が、くしゃっとした可愛い笑顔なんだよね。全然畑違いの部署でも、加藤先輩が教えてくれるなら、仕事も頑張れそう。

----------------

はー、こんな先輩だの同僚だの後輩だのいたら会社も楽しいよなぁ…
日曜日にやる妄想じゃないな、現実との差が広がるw