innocent White,vicious Black

加藤シゲアキさんについてとりとめもなく語る

誰の悲しい顔も見たくはないのだけれど

ゆるファンの戯言。後で見返して恥ずかしくなったら消すかも。

 

  • ネットで話題になってたのは知ってて、週刊誌に出た時は「あー、来たかー」って思った。某誌が取り上げたのであれば、ただでは終わらないだろう、って事も。
  • 私生活の面は、法に触れなければご自由にどうぞ、と日頃から思っているので、オンナノコと遊ぼうと何だろうと別に良かったのだけれど、アイドルとしてやっている以上は、ファンに見せる(見える)所は考えてほしい、 とやっぱり思う。
  • 端的に言えば、音源が出ちゃうような相手と遊ぶのは、立場上「脇が甘い」って言われても仕方ない。(真矢)ミキさんも言ってて、激しく頷いた。
  • ビビットはいつも録画で流し見なのだけれど、先週の金曜日だけは出勤前にリアルタイムで冒頭だけ見て。見てるのがしんどくて、初めてその場で録画を止めた。私生活はどうでも、と言いながらやっぱり自担の辛い顔(それが自担のせいであったとしても)は見たくない、というのは我ながら馬鹿だなぁ、と思うのだけれど。
  • 私の周りは、最近の姿しか知らない人も多いので、特に小山君に対しては「(everyのイメージで)もっと真面目な子だと思ってたんだけど」っていう人も多くて、キャスターとしての活動がちゃんと根付いてたと思うだけに、只々残念、って気持ちもあって。
  • なまじ厳重注意ですまされた自担に関しては、それはそれで茨の道だとも思う(ドラマ控えてて色々大人の事情が見えるだけに)。
  • 自分的に、マイナスな報道が出た時の何が嫌かと言うと、場外乱闘戦が始まるのが一番見たくないのだな、とも実感して。アンチがここぞとばかりに盛り上がってくるのも、普段1ミリも関心持ってないような人が想像で色々言ったり、ネタにされてファンが突撃したりして、それをまた色々言われて、てのが嫌なんだぁ、と。見ないようにしてても、どうしても情報入ってくるから。
  • 色々ひっくるめて、自分で思った以上に感情がゴチャゴチャで、今はNEWSからそっと距離を置いておきたい気分になってしまっているのも事実で。
  • 例えて言うなら、大事なものを壊れないように箱に入れてしまっておきたい、という気分なのかな。結局の所、彼らに対して私はずっと夢を見ていたいのだと。
  • でも、4人そろって戻ってきた時には、「バカ!お帰り」って思うんだろうなぁ、と思う。
  • 一つだけ恨み節を言うのなら、8月は野外だからちょうどいいかも~なんて(まだチケットの抽選結果も出ていないのに)NEWSカラーの虫よけバンドを買ってたキムラさんのウキウキ気分をどこに持っていけばいいんだよ…という気分なのです。この気持ちを昇華させる為、画像を貼って筆をおくことにします。

    f:id:iwvb:20180610221531j:plain

 

5月7日の小ネタ

GW終わっちゃいましたね。合間の1、2が普通に仕事だったのであまり違和感なく仕事に戻った気がしますが、今週後半はキツイんだろうなぁ……GW前半の30日の月曜日、PON!に出てるまっすーと、everyに出てる小山さんをチラ見しつつ、前日まで広島で公演やってたのに偉いなぁ、って思ってた(仕事だから今日は見てないけど、今日も同じく、だったはずだよね)。あと残すところ名古屋とさいたま、無事千秋楽を迎えられますように。

という事で小ネタ。相変わらずアプリネタ…

  • イベント終わったらまた次のイベントか!わかってるよ、収益上げるためにはイベントが一番なのは…
  • シゲの本編が配信されるまで貢ぎ続ける気満々のシゲ担は結構いると思う。
  • (・ω・)ノ
  • 今回はちゃんとイベント開始からポチポチ1日1回以上はログインして頑張って、何とかシゲの2つのエンド読みました。
  • で、まだ時間あるので小山君のノーマルも制覇。
  • ちょーキュンキュンしたw
  • シゲの方ももちろん好きなんですよ。砂糖が口から出そうな甘さで(褒めてるの?)(褒めてるよ!)
  • それに対して小山君の方は甘いは甘いでも甘酸っぱいなの…!!
  • やばい、これノーマルじゃない方気になってきたじゃん(思うツボ)
  • 10日までに何とか全員ノーマルだけは読むつもりだったんだけど、はたして行けるだろうか……
  • イベントフレンド作るのがキモだという事に気づいた。フレンド申請して反応ないフレンド0の人とか超もったいない(と私は思う)。
  • そういえば、NEWカップルSをざっくり見たんですが。
  • もはや本編そっちのけでCM繰り返して見る始末。
  • スーツって!!!!!!!ちょっと緩んだネクタイがまたね!!!!
  • いやー、贅沢なCMでしたね。
  • ちなみに、うちの夫は、4人トーク版のCMで、小山君の髪の毛が多い時、のくだりで爆笑してた。髪のネタが気になる40代(斉藤さんも大好きだしな!)。

 

4月26日の小ネタ

他愛もない話。

  • 今更ながらEPCOTIAを通勤中にヘビロテし始めたので、一人後夜祭状態。
  • 聞きながらコンサートで見た景色を思い出して、あぁ良かったなぁ、って余韻に浸って。早く円盤が見たい…!
  • 円盤見たさにNEVERLANDを見返す。
  • オープニングで手越君に火器を持たせた人に最高かよ…!てなる。
  • NEWSの二次元キャラ説、は私と妹の間で鉄板ネタなのだけれど、その筆頭が手越君だと思ってて。服が似合わないがコスプレは似合う、と自称するだけの事はある。ちなみにWhiteのオープニングでキリっとした顔の手越君は神がかってると思う。
  • MCでシャワーの後始末で手越君が詰められてる時、1人で外れて歩くシゲ(ちらかしてる心当たりあり)が、既に「やっべー」って顔してるのを今更ながら気づいて笑ってしまった。やり取りしてるコヤテゴの方見てて気づかなかった。
  • アプリの話。ゲームとしてはやっぱりハマれなかったんですよ。初日にDLして、起動してちょっとやって、「あー、チケットタイプのアレね」ってなっちゃって。
  • で、しばらく起動してなかったのだけれど、ふと起動したらイベントやってると。チケットいらないなら読んでみるかー、と読んでみたらヤバいぞ、これ、と。
  • 口から砂糖出てきそうなくらい甘い!!そして萌える!!!!
  • しかしイベントを始めたのはイベント終了2日前。エンディング2パターンどうしても見たい。
  • 結果:課金
  • 課金は負けではない(by.某フィギュアスケート選手)
  • ゲームとしてみるから抵抗感あるのであって、ビジュアルコンテンツだと思えば何の抵抗もないという。ヲタクちょろい。
  • 正直、お金落としとかないとコンテンツ続かないんじゃ、って懸念もあって。落とせる時にはちゃんと払っておこう、と思ったというのもある。
  • 収益立たないとあっという間に撤退するからね、ゲームは。NEWS自体を使うのもコスト的には結構かかりそうだよなぁ、でもシステムの開発費はあんまりかかってなさそうだよね、そこでトントンなのかしら、という下世話な想像をしてみたり。
  • お金を落とさなければファンじゃないのか問題、ってちょいちょい話題に出るけれど。お金を落とそうと思えば落とせる(端的に言えば可処分所得のそれなりにある大人)人が落とさないのであれば、正直それなりのファンなんでしょって思う。もちろんまだ学生とか、物理的にどうしようもない人の事をファンじゃない、なんて言うつもりはないし、優先順位は誰にでもある。
  • コンテンツを提供するのは慈善事業じゃないんだよ、それでお金稼いで食べてる人がいるんだよ、って事をホントにわかってない人いるからね、実際。漫画村とか何にも考えないで利用してる層とかヤバいでしょ、ホント。
  • そういう意味では、ガンガンNEWSにつぎ込んでいるわけではない私もそれなりのファン、という自覚はあって。でも、そういうファンでも、面白いと思ったものにはちゃんとお金を落とす、という事をしておきたいと思うのです。端から見れば、いい年してアイドルのゲームに課金する馬鹿な大人なのだけれど、それが粋なんだよ、と言いたい。

NEWS LIVE TOUR 2018 「EPCOTIA」4/14 静岡エコパアリーナに行ってきた

f:id:iwvb:20180415113818j:plain

ご無沙汰してます。

1月に仕事復帰して全然畑違いの仕事してますが、それなりに充実してまして。NEWS熱もすこーし平熱に気味になっていた、もといならざるを得ない状況だったり。前回更新時以上にゆるーいファン、をやっている自覚は存分にありつつの、エコパアリーナ参戦でした。レポート、という大げさな奴じゃなくて単なるヲタの備忘録です。

思い返せば、ツアー申込時にどこを申し込むかでまっすー担の妹と散々悩みまして。私は基本遠征はしないつもりでいたんですね。家庭との線引き(自重的な)の意味でも。ところがドームがないとなると、当たる気がしない、という結論に達して。さいたま、名古屋、静岡の3都市の公演をみっちりと申し込んだんですよ。妹はこれに加えてソロ参戦の宮城の4都市で(私は宮城は見送り)。どうする、複数当たっちゃったりしたらー、なんて浮かれた事を言っていたら、私の方が4/14の静岡1公演のみ、妹が宮城の1公演のみ、という当選結果になり、静岡参戦が決まったという。妹は先週の宮城公演にソロ参戦した上で、同伴という形で2公演目、と。

エコパアリーナ、NEWSの公演で会場名は知ってる、行き方もわかる、でも実際グッズ販売の兼ね合いとか含めてどのくらいに到着すれば安全なのよ、という知見無しで考えた行程が、9時頃東京発→11時頃掛川着→現地で昼ご飯(できれば名物的な何か)→13時頃会場入り、帰りは9時半頃の新幹線で東京へ、でした。結論から言うと、まぁこれが変更に変更を重ねる結果となりました。現地の名物的な何かは、ハンバーグの「さわやか」に行くことにしまして。掛川から乗り換えて西掛川のお店が最寄りという事で、言ったところお仲間てんこ盛り+普通に土曜昼の混雑、で40分ほど待ちまして。戻りの電車がわりとギリギリ。駅のホームに上がる階段からダッシュしました…老体にはホント堪える。あ、ハンバーグ美味しかったです。ザ肉、って感じで(語彙力皆無)。

 

無事掛川に戻ってきたものの、ここで1つ選択肢が。宮城公演に参戦した妹がある程度グッズを買ってきてくれたので、他に買うものがなければ並ばなくてもいいという事に。現時点で13時。開場は16時。残り3時間をどうするか。

  1. 会場で時間をつぶす
  2. 会場最寄り駅(愛野駅)まで行って時間をつぶす
  3. 掛川駅で時間をつぶす

…これがね、どれも中途半端なんだという事に気づいたのは一通りやってから。まず掛川駅近辺にあまり時間をつぶせる場所が無さそう(チェーンのカフェ、ファミレス等がなさげ)。駅構内の喫茶店で1時間ほど時間をつぶして、会場最寄り駅へ移動。会場最寄り駅はさらに輪をかけて何もなし。結局最終的に会場付近で座り込み、でした。しかも雨がパラつく時間帯もありの、陽が差せば暑いのに陰って風が吹くと途端に寒い、という目まぐるしい天候の変化で。夏冬じゃないだけマシ、と言い聞かせながらダラダラ時間をつぶして開場。チケット運はありませんでした。スタンドの後ろから2列目。でも去年のドームより近い。一度はスタンドじゃない所座ってみたいねぇ、と妹と言いつつ、次も頑張ろうよ、と既に次を見越しているんだからヲタというやつは。

 

ここから先の箇条書き部分は情報一切入れたくない方は読み飛ばしてください。ネタバレしないお約束でピンポイントな所はなるべく触れずに書きますが、文章書く上でどうしても触れずにいられない所とかあるので。(帰りの新幹線の中で思いついたままメモ書き殴ってるので時系列もバラバラです)

 

 

 

 

 

  • 久々の生4人!やっぱりいいなぁ、って。みんないいけど、この日は特に手越君が可愛くてねぇ…
  • いつもアイドルスマイル決めてくる彼だけど、なんかこの日はデフォルトがスマイルな感じで。冗談抜きで天使かと思った。召される。
  • シゲは結構アクティブな感じだったかなぁ。前半舞台近くのお客さん煽りまくってたような。あと、本人比で少しふっくらしてたかも、という印象。
  • もちろん、一般人には到底及ばないスタイルなのは言わずもがな。
  • 他の3人の、小山さんの筋トレで鍛えられた腕も、まっすーの水泳仕込みなパン、と張った上半身も、サッカーで走りこんでるであろう手越君の筋肉質な足も、それぞれ皆美しくて好きで。それに比較すると、シゲの腕は、もしかしたら皮膚の下に脂肪がつくかもしれない、ってちょっとだけ普通っぽさを感じさせるところがたまらなく好きで愛おしい。
  • ↑変態か。
  • シゲの衣装は、足首をチラ見せしたがるよね。
  • 割と上半身で露出することが少ないから、足首だけチラチラ肌が見えるのってすごいフェティッシュだと思う。
  • 結論:いいぞもっとやれ
  • 某曲でひたすらいちゃつくコヤシゲ、もとい小山さん。べったりだったよ…うちら何見せられてるん・・・(笑)
  • MCが相変わらず自由すぎる件について。またMC全収録お願いします!
  • 手越君はホントに歌上手いなぁ、と。今回はソロ含め、シャウト的なやつより聞かせる曲が特に印象的。
  • まっすーは本調子じゃなかったような(帰りに聞いたら、妹も特に後半疲れてた気がする、と言ってた)。ソロは圧巻だった。なんとなくJr引き連れてダンス交えつつ、なステージになるのかと思ってたんですが、それを覆す文字通りのソロ。魂を感じさせる絶唱。
  • 小山さんソロの映像演出。ヲタが悲鳴を上げるシーンがてんこ盛り。てんこ盛り過ぎて後ろの方はどうしていいかわからなくなって笑いも起きちゃってよ…
  • あれはピンポイントなシーンを2回くらいに抑えておいた方が効果的な気がするんだけどなぁ。映像前半はジリジリじらす感じで。
  • でも、そんな映像含めて私がステージで見たい小山慶一郎、で。美味しく頂きました。次の曲も肩出ししたままで。まぁエロいことエロいこと…
  • 推しながら解釈に悩む推しソロ。ごめん、あと3回くらい見ないと説明できない。頭悪いヲタでごめんよ…
  • と言うか、そもそも全体的に推しが完璧なライナーノーツ出してくるからいまさら言う事がない件について
  • NEWSのコンサートではお馴染み、桜の花びらが大量に舞う演出の所。シゲが前髪についた髪の毛を払い、その後積もった花びらを手に取り、顔の前でフッと吹いてみせて。舞う桜と黒髪のコントラストと、その仕草が綺麗で。一番印象に残ってる。
  • CD音源通り、適材適所が進化したなぁ、という印象。職人芸だよなぁ。
  • それでいて、彼らがアイドルである事も否定しない、むしろ、いつも以上に感じる演出だった。それが、彼らからのメッセージなのだと思った。
  • 誤解を恐れずに言うと、コンサートとしては前回NEVERLANDより、今回のEPCOTIAの方が好みかもしれない。実際に見ているのがドームとアリーナという差もあるのだけれど。
  • 逆に、CDの音源としてはEPCOTIAよりもNEVERLANDの方が好みだったりするから面白いわけで。
  • 多ステしたい、と心底思った。残念ながらこれが最初で最後の参戦予定なので、後は円盤を待ちつつ、次の活動を心待ちにしている。

 

…と、無事公演も終わりまして。現地から20時ごろの電車に乗ることができたので、予定よりもかなり早くて。予定よりも早い新幹線で自由席に座れたので、そのまま乗って帰ることに(指定席は車内で車掌さんに伝えて空席に戻してもらいました)。何とか当日内に自宅まで戻れました。実は、前日寝付けなくて(遠足前の小学生か?)4時半に寝て6時半起きで行ったのですが、結局移動中は一睡もせず。帰り着いて電池が切れたように寝た、とは夫談。

 

今回初エコパアリーナいってわかったこと。

  1. 会場駅から新幹線到着駅までの電車の本数が少ない事もあって、余裕をもって行かざるを得ないけど、その分ロスも多い。
  2. 時間を潰すのに難儀する。今回、東京からこだまで掛川まで行ったけど、静岡か浜松経由にした方が選択肢は多かったのかなぁ、と思ったり。
  3. グッズ販売は2時台は空いてた印象。
  4. スタジアム側のトイレが解放されていれば、そっちの方が空いてる。
  5. 指定席持ってれば、当日の他の便でも自由席であれば乗れるシステムに助けられた。
  6. 日帰りで帰ってこれるところは遠征に含まないよね!(いい笑顔で)

 

f:id:iwvb:20180415113814j:plain

↑スタジアムのトイレ行く途中に見つけたNEWSなゲート案内(東西南北だからね)。

 

f:id:iwvb:20180415113810j:plain

今回はこんなうちわでした。材料は相変わらず100円ショップ調達。妹が材料100均で手に入るなんていい時代になったよ、ホント!と力説していたり。Nの字、紫のシールがなかったので水色シート(NEWSの背景に敷いているのと同じ)に、セロファンの赤色を重ねて紫を表現するという苦肉の策。15周年~の方はスチレンボードカットしたのだけれど、カット時にボロボロになりがちで閉口。精密ナイフみたいな特殊カッター出してきてカットする始末でした。機械切りできないから*1手間もかかるし、重量重くなるから、普通にシートだけでもいいかもなぁ、と思ったり。

 

*1:実は家庭用のカッティングマシンを持っているので、文字は材料さえあればかなり楽

1月21日の小ネタ

お久しぶりです。

2017年無職生活再び、だったのに途中入院したりのゴタゴタでブログの書きかけ記事を量産して、結局更新しないまま終わってしまい。喉腫れてるから早めに耳鼻科行っとくかー、と近所の耳鼻科行ったら、そのまま総合病院へ紹介状。受診したら重度の扁桃炎+溶連菌のコンボでその日に即入院(大人の溶連菌ってこじらすと結構ヤバいらしいですね…)。絶食点滴の入院生活とか二度とやりたくない…絶食からの回復食がまた長くて。皿に入っているものが全部汁汁汁汁とかホント泣きたくなった。固形物を食わせろ。で、そんな夏の終わりを経て、グダグダしつつ何とか年明けから仕事復帰しました。

なんか久々に吐き出したくなったので、ダラダラ箇条書きで。NEWS関係ないのも混ざってる。

【NEWSごと】

  • 無事、ファンクラブ更新しました。1年経つわけかー、と感慨深くなりました。
  • ツアー申し込みしないと!
  • ドームがない!東京がない!…これは追加フラグなのかな?(15周年…なんだよね?)
  • 東京の西寄り側からだと、さいたまスーパーアリーナは微妙に遠いんだよ!!!
  • 初遠征しようと妹と企む。名古屋と静岡も申し込むのである。
  • 新アルバムないのにツアーかぁ…まさかの新曲ツアー?セトリどうなるんだろう。
  • 3作連動キャンペーンの3作品目はアルバムだと思いたい(希望的観測)。
  • 新曲は発売日前日に届いて。NEWSICALを聞いて一気に年末気分に引き戻されてみたり。
  • クリスマステーマの曲を1月発売のCDのカップリングにブチ込むJEの潔さ。CD化はありがたいのでこの潔さは嫌いじゃない(笑)
  • …でも、初回ABと通常全部入れなくても、と思わなくもない。文句が多いヲタですみません。
  • 年末気分に戻ったのにかこつけて今更NEWSICAL(企画の方ね)の話。企画は大変にありがたい企画だったと思うのだけれど、つくづくヲタ向け企画だよなぁ、と。
  • NEWSって、クリエイティブに注目されがちなグループだと思うんだけど、クリエイティブって裏方だから。
  • 裏方見て喜ぶのは、既にファンの人が大半だと思うんだ。好きなもの事を知りたい、って動機が多いわけで。
  • FNS歌謡祭という場で披露するなら、演者としてのチャレンジに振り切った物が良かったのかもなぁ、と個人的には思うのです。
  • 例えば、ガチのミュージカル特訓して披露するとか(実現可能性はさておき)。
  • 何が言いたいかと言うと、ファン層以外にも訴求する格好良さとかを求めてもいいんじゃないの?という。NEWSの4人が魅力的なのは私達ファンはもちろん知ってるし、もっと色々な人に知ってもらえる方向にちょっと力を振ってもいいんじゃないかなぁ、と。
  • あ、でも企画自体はホントに美味しく頂きました!構成案出してる時のラフなシゲとか、服飾専門学校行った時のまっすーのサラサラ髪とか、every前に発声練習してるワイシャツ姿の小山さんとか、さらっと多重録音の収録こなしちゃう天才肌手越君とか、ほんと4人とも好きすぎる…!
  • 全員30代になったわけだし、2018年はちょっと大人っぽいNEWSが見たいなぁ。
  • 楽曲も然りで。ちょっと毛色の違うのを聞いてみたい気がする。
  • チュベローズ、遅ればせながら、年始に読みました。
  • 連載追ってなかったので完全に初見。age22はあっという間に読んじゃった。仕事行く前に読んだから、実質30分くらいかも。
  • で、age32読み出したらまさかの展開で驚いた。ちょっと怒涛の展開すぎて消化不良になりそうだった。
  • ゲーム業界に10年以上いた私が共感したのは、立ち上げたばかりの会社が問題児が多くて、のくだり。ゲーム業界あるあるすぎて吹いた。
  • ちなみに、キムラさんがいた会社にいた問題児だと、必ず朝5分くらい遅れてくる奴、オフィスグ○コを無銭飲食(犯罪)する奴、音楽で生きていくと言い残して突然会社に来なくなる奴などその他多数(ホントどうかと思う)。
  • ちなみに、夏休み終わって出社したら上司が飛んでた、というのがあった。
  • この業界、会社に来なくなる人は割と日常茶飯事なのでそこまで気にとめられないってのが今思うと闇すぎる…
  • 今までの作品の中では一番サラッと読める気がしたんだけど、すぐにもう一度読み返したくなった。何でだろ。 

【TK氏の引退の件】

  • 折しも年上の友人とTMN聞いてたよ、という話をしていたタイミングで記者会見で引退宣言を聞いて。
  • 例の報道があって、会見予定があるというのもニュースで見てて。否定って前情報出てたし、騒ぎになってごめんなさい、って事なのかな、って思ってたら、まさかの。
  • ファンだったというのを差し引いても色々ショックすぎて、なんも言えない…って。
  • 引退は元々考えていたというから、時間の問題だったのかもしれない。発表はいつも突然で、私たちは置いて行かれる側の人間だけれども、こんな悔しそうな、残念そうな顔したまま終わりだなんて、誰も望んでないよ……
  • 結局、誰も得しなかったという後味の悪さしかなくて。
  • 目をつぶっておいたままのほうがいい事、って絶対あると思う。頼むから、もうそっとしておいてあげてほしい。
  • 彼と彼の音楽との出会いがなかったら、おそらくこの年になっても音楽を聴き続けることはなかった気がする。J-POP、とりわけデジタルサウンドの魅力を教えてくれたのは、間違いなく私にとってはTK氏です。沢山の音楽をありがとう。もし、戻ってきたくなったらいつでも戻って来てください。

我が担当にはまって1年になるわけで

気が付けば、加藤シゲアキ氏を認識してから1年になろうとしている。

あ、言うの忘れてたけどまっすー&シゲ、お誕生日おめでとうございます(遅)。1年前は、芸能人のお誕生日を祝うようなブログを書くとは思ってなかったなぁ。

1年が経過して、何が変わったかと言えば、無職から仕事復帰してまた無職になった(1周して元に戻ってるやんけ)。最初の勢いはなくなったかもしれないけど、やっぱり好き…!って思う事が増えた。メディアもろくにおっかけないダメファンだけど、私の場合はゆるーく好きなほうが長続きするんだ。あと、割と友人とかにも気軽にファンだ、って言えるようになった。

あと、元大倉担の妹をNEVERLANDに連れて行ったら面白いようにまっすーに転げ落ちたという。コンサート前に、まっすーの髪が赤いのはどうのこうの文句言ってたのは、あれは好きの裏返しなのかよ!!!今じゃ私以上の転がり落ちっぷり。まさかこの年になって、共通の趣味ができるとは思わなかったよ、おねーちゃんは……そして、色々手に入れたもののおこぼれに預かっており、非常に感謝している(テゴマスのCD貸してくれてありがとう)。

実家でわざわざBlu-ray鑑賞会とかやって母にあきれられているのはこの際置いといて。

 

母「男の人見て可愛い、って思うようになったら年取った証拠よ」

妹「(まっすーを見ながら)マジか」

私「(シゲを見ながら)やばいね」

 

歌番組に出れば、アホみたいな会話のLINEが続くし、身内に同じグループのファンがいるのも楽しいなぁ、と。そんな機会を作ってくれたNEWSに感謝しつつ、来年の今頃も同じようにファンやってたいと思う今日この頃。

NEWS LIVE TOUR 2017 NEVERLAND(6/10 東京ドーム)に行ってきた

お久しぶりです。
色々あって、ずーっとブログ放置でした。1月から再就職したのですが、契約期間満了で延長せずに辞めたのが4月末。あまりにも疲弊しすぎて。5月の丸々1か月体調を戻すのに使ってしまい、そのまま6月11日の東京ドーム、という流れ。以下、当日の内容とかにも触れますので、未参加でネタバレ読みたくない、という方はご注意のほど。

 

1月からあまりにも私生活に余裕がなく*1て、ネットからもNEWSからも遠ざかっていて。メンバーに関する報道とかもどこか遠い世界のような話(いや、実際彼らがいるのは遠い世界なんだけどね)に思えて、どこか実感のないまま。来週土曜日はライブだねぇ、と妹から連絡が来て我に返ったのが6月頭。

いわゆる「現場デビュー*2」なわけで。グッズって買うのに並ぶの?とか妹に聞けば、並ぶから早く行ったほうがいいよー、と言われ。そもそも何時から並ぶん?とか疑問だらけ。妹に聞いてみれば「え?2回公演じゃないの?2回公演なら朝から売ってると思うんだけど…」と。もういっそ電話かけて問い合わせするか、とか思ってたら公式サイトに案内出てた!しかも、前日販売があると…?と言うことで、6月9日の14時。東京ドームに来てみれば既に長蛇の列!おぉ、これがジャニーズなのか…とか思いつつ列の最後尾へ。目的は、パンフ、写真、ペンライト。グッズには踊らされないのよ、と決意をして行ったわけなのですが。が。グッズ売り場を出た私の手には、パンフ、写真、ペンライトに加えてうちわとクリアファイルが。あれ、おかしいな?*3妹に買えたよー、とLINEして、うちわとクリアファイルを買ってしまったことを伝えたら「そういうもんなんだよ…」とニヤリとされる。

ジャニーズのコンサートと言えば、お手製のうちわ、ってのは妹を見ていた*4からわかってはいて。席は1階スタンドの後方だし、まぁいいかな…とか思っていたのだけれど、なんとなく後楽園駅の駅ビルにあるダイソーで、一応うちわの材料を買って帰る。結局、深夜に「やっぱ作る」と思い立ってPC立ち上げて。持っててよかったPhotoShop。そして、自担の名前がカタカナで楽でありがたいわ、とか思ったり。

そして当日。夕方に現地で妹と待ち合わせをしたら、人の多さに合流まで何度も電話を掛ける羽目に。最終的に決め手になったのは「長野の柱*5の下!」。22ゲート(要は正面玄関)の前で待ち合わせは無謀だね!と1つ賢くなりました。22ゲートから入ってすぐのスタンド席。ここっていわゆるバックネット裏だよねー、と妹に言えば、「野球だったら超良席だよね」と*6。野球は見に来たことはあるけど、コンサート会場として訪れるのは初めてで、設営されたステージに内心ドキドキ。横では「なんかお金かかってる感じ?」とか妹がつぶやいていた。

いざ開演してみれば、もう怒涛の流れで。次々と流れてくる音楽と、光の洪水と、テレビで見ていた本人たちが、実際に動いていて。開演直後の、黄色い悲鳴に「これ、ついて行けるかしら…」と一瞬思ったのも杞憂で。別に「キャー!」とか言わなくても、言えなくても、自分なりに楽しめばいいんだ、って思わせるだけの力が彼らにはあって。来てよかった、と素直に思えた。今回のアルバム曲に、ライブでおなじみの曲がうまく組み合わさって。BYAKUYA聞けると思ってなかったから超嬉しかった。

小山君。「馬鹿になろうぜ!」って煽ってて。もし彼に直接感想を伝えられるなら、そうだね、馬鹿になったもん勝ちだったよ!って伝えたい。MCではそらジローいじりに「それだけはヤメロ」って言ってて盛大に笑った。そらジローは「次郎」だからお兄ちゃんいるん?って言われてまさかの「慶一郎」wwww

手越君。反省中って小山君に替え歌でいじられてて、笑っちゃいけないかもしれないけど笑っちゃった。トロッコがちょうど私の前のあたりを通る形だったのだけれど、前の席のお嬢さん2人組が手越君ファンで。ファンサの瞬間をオペラで目撃したんだけれど、まぁこれが、ホントに「アイドル」だった。Blu-rayで見てた印象通り。キラッキラのスマイルで。ソロ曲は曲が曲だけにエロかったのは当たり前として、ベッドの上で寝っ転がったり起き上がったり、あれだけパフォーマンスしてあの声量で絶唱で。神かよ、とか思った。アイドルから神まで振幅広いな!

まっすー。わかってはいたけど、歌上手い、って改めて実感した。ボワボワになりがちなドーム会場の音響で、まっすーの声はクリアに、歌詞まではっきり通る。サングラスの黒増、ごちそうさまです。暑くて衣装を脱いじゃうメンバーの衣装を背負ったらオペラ歌手になってたけど!ソプラノ真似したら無駄に美声だし!普段飄々としてる感じなのに、感極まって歌えなくなっちゃう所とか、ほんと好き。

シゲ。私にとって普段は「可愛い、可愛い」って愛でてる対象なのだけれど。なんかね、全力でパフォーマンスする彼が綺麗で、多分馬鹿みたいに口開けて見てた気がする。ソロ曲のパフォーマンスは言うまでもなく、花道の先頭まで出てきたときに腕を空に突き上げた時の腕のライン。それでいて、眠ってしまって目覚めた後のダンスでとびきりキュートな笑顔を見せてくれて。例えて言うなら、(*≧∀≦*)って顔だったよね。MCでは一人称「シゲ」だらけで萌え。ありがたや…

 

帰り際に妹に色々感想を聞いたら面白かった。

  • やっぱり豪華だったと思う。
  • 技術の進歩感じた。レーザーとか、映像エフェクトとか。
  • メンバー4人だと、1人当たりの出番多いよね!
  • 歌割が割と均等でびっくりした。
  • まっすーの赤い髪が、実際見たら普通だった
  • まっすー歌上手い!いいね!
  • うちわ作りたい!(形から入るタイプ)
  • 雑誌また読もっかな!
  • ジャニーズショップ行ってくる!

え、まさかのまっすー落ち?来年のコンサートも楽しめそうな予感。

昨日、無事に全日程を終えられたNEWSの4人に感謝の意をネットの隅っこから送りつつ、今日はこの辺で。 

*1:まさかのドラマがまだ半分しか消化していない

*2:厳密に言うと、ジャニーズの現場デビューは妹に連れていかれたいつぞやの滝沢歌舞伎なのだが

*3:見本みたらシゲアキ先生が美しすぎて我慢できなかった模様

*4:当時高校生の妹に「お姉ちゃん、パソコンで大きな文字印刷して!」とか頼まれてたなぁ

*5:ドームの外周の柱に、巨人の選手の名前が書かれていた

*6:妹は元巨人ファンでもある